まるkorea blog

~・韓国アイドルなど、韓国に関わる様々な情報を発信します・~

韓国 オリーブヤングで人気の商品『アイムザリアルシュレックパック』を使ってみたレビュー

こんにちは、マル(🔗https://twitter.com/kidolotk_com)です :)

 

美容系のYouTuberさんがよく紹介しており、気になっていた『アイムザリアルシュレックパック』

以前韓国旅行へ行った際ついに購入したので、使用してみたレビューを書きたいと思います!

こちらの記事で韓国旅行の購入品を紹介しました。

www.kidolotk.com

 

f:id:maruma_ofc:20190403233441j:plain

 

 

シュレックパックとは

韓国のオリーブヤングで購入する事が出来る、フェイスパックです。

名前とキャラクターでわかる方もいるかと思いますが、その名の通りドリームワークス社が手掛けている映画「シュレック」がモチーフとなっています。

なぜシュレックという名前が付いているかと言うと、パックを顔全体に塗り広げるとシュレックのようになれるからだと思います。

f:id:maruma_ofc:20190403234521j:plain

色目がこんな感じなのです。

 

シュレックパックの効果

シュレックパックは2つの効果があります。

피지흡착(皮脂吸着)모공청정(毛穴洗浄) です。

皮脂と皮膚の老廃物をキレイに除去するため、角質除去効果があり。

毛穴の悩みを解決してくれるそうです。

f:id:maruma_ofc:20190404000023j:plain

 

使用方法

洗顔後、水気のない肌に適量を取り、目と鼻を除いた顔にやや厚めに塗り広げてください。

約20分後、肌が突っ張る感じがしてパックが完全に乾いたら、ぬるま湯でキレイに洗い流してください。

※記載はされてませんが、パックを落とし終えた後、化粧水、乳液等でいつも通りのスキンケア(保湿)をするほうのが良いと思います。

 

使用してみた感想

まずフタを開けるとスースーするような香りがしました。

クサいという感じではありませんが、けっこう独特な香りがするので、好き嫌いが分かれるんじゃないかなと思います。

次に手に取ってみるとこのような感じでした。

f:id:maruma_ofc:20190404000830j:plain

粒々(スクラブ)が入っていますが、特に痛いとかそういうのはありません。

なんか本当に"泥"っていうような感じがしました。

 

そして顔に塗ってみると、意外と塗りやすい、と感じました。

乾燥している肌に塗り広げているのにスイスイ広がってくれるのは、良いなと思いました。

LUSHのフェイスマスクで似たような商品を使ったことがあるのですが、要冷蔵の商品なので冷蔵庫保管で、パック自体が固くなってしまっており塗りづらいな、と感じたことがありました。

その点、この商品は常温保管なため固くならずで良いです。

 

パックを塗ってから5分ぐらい経つと、お肌がスースーしてきます。ですがヒリヒリして痛いということはないので全然平気です。

10分ぐらいで少しパリッとしてきて、20分経つと完全にパリパリです。口を開けようとするのも頑張らなければいけないぐらいのパリパリ感です。笑

5分後と20分後の比較写真を撮ってみました。

f:id:maruma_ofc:20190404002350j:plain

比べてみると、20分後(右)の表面が乾いているのがわかるかと思います。

 

ぬるま湯で落とし、肌が乾燥しているのでいつも通りのスキンケア(保湿)を行いました。

いつもよりすごく肌に吸収されているような感じがして、保湿したあと肌がスベスベしている気がします。

そのあと鏡で肌を確認してみると、何だが毛穴がキレイになったように感じました!(ただの思い込みかもしれません。笑)

 

まとめ

メリット

  • 顔に塗り広げやすい
  • 常温で保存できる
  • 比較的安価で購入できる(約12000ウォンぐらい)
  • シュレックになりきって楽しむことができる

デメリット

  • 香りが強いので好き嫌いが分かれる
  • スクラブ入りなので洗面台では少し洗い流しに時間がかかる
  • スースーするので冬に使うと寒そう

 

 

使用頻度としては、1週間に1度程度にしておくのがよさそうです!

お風呂で湯船に浸かりながらこのパックをし、出るときに流しちゃえば楽なのでは?!と思いついたので、次回試してみようと思います。

 

シュレックパックのあとのスキンケア(保湿)はこれを使用してます(*'▽')
www.kidolotk.com

 

ではまた他の記事でお会いお会いしましょうっ

以上、マルでした~。